[コンテンツにスキップ]

少しの感謝は長い道のりです

「あなたが人生ですでに持っている良いものを認めることは、すべての豊かさの基盤です。」

– エックハルト・トール

ホリデー シーズンが始まると、楽しいお祝い、仕事から離れた時間、家族や友人との特別な瞬間を楽しみにしている人もいます。他の人にとっては、この時期に孤独、絶望、または悲しみの感情が特に顕著に感じることがあります.

メンタルヘルスの問題の多くは専門家のサポートが最も効果的ですが、悲しみや絶望感を改善するために、個人レベルで、または家族や社会的サポートでできることがあります。

感謝の気持ちを実践することで、心、体、そして他者との関係に良い影響を与えることができます。意味の感覚、より多くの喜び、ストレスの多い状況に対処する能力の向上は、感謝の多くの利点の 1 つです。

感謝の習慣を確立すると、許す能力や共感と寛大さを示す能力など、社会的利益ももたらされます。

感謝の気持ちを実践することは、実際の問題を無視することを意味しないことを認識することが重要です。実際、それは実際には反対です。人生でうまくいっていることや「正しい」と思われることに対して感謝の気持ちを表すことは、人生のすべての部分を、たとえ最も困難なものであっても、うまく処理できることを強く思い出させてくれます。

日課にもう少し感謝の気持ちを取り入れるためのヒントをいくつか紹介します。

感謝日記をつける。 毎日、感謝していることを少なくとも 1 つ書いてみてください。単純にも複雑にもなり得ます。

友人、家族、愛する人に感謝の気持ちを伝えましょう。 あなたの人生に彼らの存在に感謝していることを彼らに知らせてください。

ポジティブな結果を求める。 どんなに大きくても小さくても、肯定的なことを認めることで感謝の気持ちが生まれます。

自分を信用してください。 あなたの人生の逆境について考えてみてください。ベストを尽くしたことを自分に認めてあげてください。

感謝を実践し、表現する方法はたくさんあります。精神的、肉体的、感情的な健康のために、生活にもっと感謝を取り入れる方法を考えてみましょう。

あなたやあなたの愛する人が精神的苦痛や危機を経験している場合は、Beacon の 24 時間年中無休のホットラインが役に立ちます。 1-800-580-6934 でいつでもご連絡いただくか、988 自殺および危機ライフラインまでご連絡ください。


コメントはありません

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。必須フィールドは、マークされています *
不適切なコメントや目前のトピックに関係のないコメントは公開されません。

トップリンク
ja日本語